小清水酪農ヘルパー組合とは?

平成3年小清水町酪農ヘルパー利用組合が設立され、平成19年4月1日JAこしみずから独立し、小清水町酪農ヘルパー運営有限責任事業組合と組織を変更。
現在、34戸の酪農家が構成員となり運営しています。
ヘルパー要員は、3名平均年齢は、39歳と若干高めですが、気持ちは若くチームワークのとれた仲間たちです。

酪農ヘルパーの仕事内容

小清水町内の酪農家で休日を取りたい酪農家さんの要請を受けて出勤し、搾乳、牛舎の清掃、牛の管理をするのが仕事です。
牛は酪農家さんの大切な財産であり家族です。
その牛たちを預かり、しっかりと信頼にこたえる。
これが酪農ヘルパーという職業のヤリガイです。

酪農ヘルパーの仕事内容

エントリーはこちら